平成29年8月13日開催

門司港レトロ


花火大会の歴史


昭和63年
関門海峡花火大会は
「アジアポートフェスティバル in KANMON88 海峡花火大会」として
みなと・鉄道100年記念事業協賛花火大会という位置づけて開催されました。

下関側の主催が(財)下関21世紀協会、門司側の主催が門司21世紀まちづくりの会と別事業体ながら
関門海峡を挟んで両岸から13,000発を打ち上げる日本随一の花火大会として誕生しました。
 
平成9年
「海峡花火大会経済波及効果調査」を研究機関に依頼し、22億円の経済波及効果があるという結果を公表しました。

平成13年
21世紀幕開け海峡花火大会(第14回)」として、15,000発を打ち上げる。
平成15年
「市制40周年記念第16回海峡花火大会」として。13,000発を打ち上げる。
平成17年 開催テーマ
火花散る。花火咲く。「紅白繚乱」 壇ノ浦。上空の合戦。

平成18年 開催テーマ
海の恵み 空に咲く。~喝采の夏 豊饒の海 

平成19年 開催テーマ
二十年の祝祭。~海と空からの祝福 

平成20年 開催テーマ
世界へ挑む者たちへ。~より高く、より遠くへ。 

平成21年 開催テーマ
波乱の海から 希望の空へ。
 
平成22年 開催テーマ
海峡の夜空に奏でる音楽花火。
平成23年から平成24年 開催テーマなし

平成25年 門司港駅 保存改修工事に入り、動線変更

 
カテゴリートップ
花火大会の歴史