平成28年8月13日開催

門司港レトロ


ステージライブイベント

以下の情報は昨年の物です
今年も池端克章さんのコンサートは実施しますが、詳細は追ってアップしていきます。


ペア協賛席前では
花火が始まる前と花火が終わったあとに、イベントを開催します。
関門海峡花火大会のテーマソングを作っていただいた
池端克章さんのコンサートは決定しておりますが、詳細は追ってお知らせします。

8月13日の門司港は花火を楽しむだけじゃありません。ぜひペア協賛席で思い出をどうぞ!



 
池端克章
北九州市門司区出身のシンガーソングライター。大学在学中20歳の頃にギターを始め、音楽活動をスタートさせる。


在学中にテレビ番組のレギュラー出演、ラ ジオパーソナリティー、ロサンゼルスでの音楽修行など様々な経験をかさねる。大学を卒業後、地元福岡県を拠点に活動をスタート。インディーズでありなが ら、テレビ、ラジオ、楽曲提供、CMソング制作など幅広く活動を展開する。
2012年7月にはベストアルバム「Natural Sounds」を発売。
2013年1月6日、地元北九州市で最大のコンサートホールであり、客席数2000を超える、アルモニーサンク北九州ソレイユホール(旧・九州厚生年金会館)で単独コンサートを成功させる。
2013年夏、関門海峡花火大会の公式テーマソングを作詞作曲し、シングルCD「SKY FLOWER」をリリース。
2014年秋、自身初となる全国ホールツアーコンサートが決定。(北九州、大阪、東京)
活動は福岡から全国へと広がり、紅白歌合戦出場の夢に向けて日々活動を行っている。

 
カテゴリートップ
イベント